GLOBE COFFEE

  • お知らせ
  • GLOBE COFFEEについて
  • メニュー
  • アクセス地図
  • お問い合わせ
  • オンラインストア
2016年12月 記事リスト

新豆発売のお知らせ:冬の季節ブレンド『CHOCOLAT』 フレンチロースト/インドネシア マンデリン オガンナンジャン

今週はクリスマス間近とは思えない暖かい日が続いていますが、来週からぐんと寒くなるようです。
当店では、本日より冬の季節ブレンドとシングルオリジン インドネシアの新豆を販売いたします。

□冬の季節ブレンド
chocolat_600_400.jpg
コーヒーの濃厚な旨みが沁みるこれからの時期に向け、深煎りのブレンドをつくりました。

『CHOCOLAT(ショコラ)』フレンチロースト 1,380円/200g

厚みのあるボディと甘みの中にかすかに青草やハーブの香りを感じることができる味わいに仕上げています。
これからの季節美味しいガトーショコラなど濃厚なスイーツと良く合います。

店内やテイクアウトでもご飲用いただけます。

遠方の方などはオンラインショップにてお求めいただくこともできます。
→オンライショップのCHOCOLAT販売ページはこちらです。

□シングルオリジン インドネシア マンデリン オガンナンジャン
onanganjang_600_400.jpg

「マンデリン」で知られるコーヒー名産地のインドネシアですが、カネフォラ種(ロブスタ)の栽培が約90%で、スペシャルティーコーヒーの大前提となるアラビカ種は、スマトラ、スラウェシ、バリ、ジャワ島などに少量植えられています。

マンデリンとは、その中でも「スマトラ島北部で生産されるアラビカ種のコーヒー」を指します。今回販売するのはスマトラ島北部「オガンナンジャン」地区で生産されたマンデリンです。

「オガンナンジャン」はアラビカ種のスマトラマンデリンらしくクリーンな味わいで、クリームのような滑らかなコクが特徴的です。またハーブや青草の香り、フルーティーな甘味もあります。

スマトラマンデリンの素晴らしさをぜひお楽しみください。

→オンライショップのインドネシア マンデリン オガンナンジャン販売ページはこちらです。

クロップ:15-16
品種:オナンガンジャン
標高 :1,400m
生産者:オナンガンジャンの農家
所在:北スマトラ州フンムバン・ハスンドゥタン県オナンガンジャン
精製:スマトラ式

皆さまのご来店を心よりお待ちしています。

続きを読む...

『TASU MAFFIN』さんオープンのお知らせ

20161221_TASU.jpg

12/23(金) 横浜 戸部にオリジナルマフィンとコーヒーのお店『TASU MAFFIN』さんがオープンします。
こちらでは美味しいマフィンと一緒に当店のコーヒーをお召し上がりいただくことができます。

12月中の営業日は12/23(金),12/26(月),12/27(火),12/28(水)です。

皆様ぜひお越しになってください。

□『TASU MAFFIN』さんについて
住所   :横浜市西区中央 1-30-4 西塚ビル1号室
営業時間 :10:00~16:00(売り切れ閉店)
定休日  :土、日、祝
Instagram:https://www.instagram.com/TASUMUFFIN/

続きを読む...

年末年始の営業日のお知らせ

2016121901.jpg

年もせまり今年もあと10日余りとなりました。
日に日に寒さは厳しくなりますがフレンチローストのコーヒーやガトーショコラなど濃厚なものが美味しくなってくる季節でもあります。

さて、年末年始の営業日程を、以下の通りご案内いたします。

12月31(土)~1月3日(火)は休業致します。
何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

12月30日(金) : 営業
12月31日(土) : 臨時休業
1月1日(日)  : 臨時休業
1月2日(月)  : 臨時休業
1月3日(火)  : 定休日
1月4日(水)  : 営業

12月30日(金)まで、1月4日(水)以降は通常営業致します。
皆様のご来店を、心よりお待ちしております。

続きを読む...

新豆発売のお知らせ:コスタリカ クレストネス ロス・デュラスノス シティロースト

FINCA_ALASKA.jpg
本日よりシングルオリジンの新豆(コスタリカ クレストネス ロス・デュラスノス シティーロースト)を発売いたします。

「クレストネス」とは、高品質なコーヒーを数多く生み出している生産地域タラスから離れた山の奥地で活動している小規模生産者組合の名称です。近くにコスタリカの最高峰であるチリポ山がそびえたっていることから、「チリポ地域」と呼ばれています。

「チリポ地域」のマイクロミルの先駆けであり、次々と素晴らしい農地のコーヒーを供給し続けてくれているクレストネスの代表的農園であるアラスカ農園からロス・デュラスノス区画で栽培されたコーヒーが入荷しました。

デュラスノスとは「桃」の意味で、農地内に桃の木が生えていることから名付けられました。
ここで生産されるコーヒーも「桃」を意味する「デュラスノス」の名のとおり、滑らかな口当たりとチョコレートのような甘い後味が特徴的です。

コスタリカらしいクリーンさがありながら、程よいコクも感じられます。
素晴らしいコスタリカの見本といったような味わいで一口飲んで美味しいと感じていただけるコーヒーだと思います。

店内やテイクアウトでもご飲用いただけます。

オンラインショップにてお求めいただくこともできます。
→オンライショップのコスタリカ クレストネス ロス・デュラスノス販売ページはこちらです。

クロップ:15-16
品種:カトゥーラ
標高 : 1,660~1,700m
農園:アラスカ Finca Alaska
区画:ロス・デュラスノス Los Duraznos
地域:サンホセ州ペレスセレドン市リバス地区ピエドラ
精製:機械的にミューシレージを除去するウォッシュト

続きを読む...