GLOBE COFFEE

  • お知らせ
  • GLOBE COFFEEについて
  • メニュー
  • アクセス地図
  • ブログ
  • お問い合わせ
  • オンラインストア
コーヒーのおはなし 記事リスト

10月1日はコーヒーの日!

2021100101_BOCH_hp.jpg

本日、10月1日は『国際コーヒーの日』です。

なぜコーヒーの日?
10月1日は国際協定でコーヒーの年度始めになっていて、秋冬に向けてホットコーヒーますます美味しくなる時季だから、です。コーヒーファンにとっては国民の祝日にしたいくらいですよね!

今週末は、ぜひコーヒーをおともに、食欲の秋、読書の秋をお楽しみください。

※新豆発売がつづき、コーヒーのおはなしは少しお休みしています。
また再開させたいと思っていますので、楽しみにお待ちください。

カップ:ボッホ ランブイエ
コーヒー:秋の季節ブレンド ルスカ

5. ティピカの木 大西洋を渡る

2021090601_Arabia_Paratiisi_hp.jpg

17世紀(1600年代)までにヨーロッパ各国にコーヒーがひろまっていました。オランダが自国の植民地でコーヒー栽培を拡大していく一方で、フランスはコーヒーノキを自国の植民地に導入する機会を伺っていました。何度かの失敗の後、オランダからフランスに贈られたコーヒーノキをカリブに海のマルティニーク島に移植する試みに初めて成功したのが、ガブリエル・ド・クリュー(1687-1774)というフランスの海軍将校です。

続きを読む

3. この木なんの木 コーヒーノキ

2021082001_ArabiaKrokus_hp.jpg

これまで、コーヒー(アラビカ種)の故郷は、人類の故郷に近いエチオピアであることをお話してきました。しかし、そもそもコーヒーとはどのようなものでしょうか。巷では"アラビカ100%"や"ゲイシャ"などが当たり前のように使われていますが、プロでも種や品種を混同してしまうことがあります。今回のおはなしでは、コーヒーノキの種や品種について整理いただく一助になればと思っています。

続きを読む

2. エデンの園とコーヒーの実

2021080801_-Stavangerflint_hp.jpg

皆さんは「知恵の実」をご存知でしょうか?
知恵の実はキリスト教やイスラム教の聖典でもある「旧約聖書」の中で語られています。
エデンの園で人類の祖先であるアダムとイブが知恵の実を食べたことで原罪を負った、という「創世記」にある失楽園の物語。誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

続きを読む